通販で介護職を購入する【家庭では作れないような多彩なメニュー】

記事一覧

食事の種類を増やして

介護士と老人

手軽に注文可能

介護食は嚥下機能や咀嚼機能が低下した人に向けて作られた食事のことです。嚥下機能や咀嚼機能が低下すると固いものやパサパサしたものが食べにくくなります。そうした食べにくさを解消するために介護食は柔らかく、水分量が多く作られていることが多いです。また、さらさらとした水分だとむせてしまうことも多いので、とろみをつけているものやムース状にしているものが多いという特徴もあります。介護食は自宅で作ることもできますが、毎日毎食となると大変なものです。特にタンパク質源となる肉や魚、ビタミンミネラル類を接種するために必要な野菜類などは食べやすい形にするのが難しく、栄養の偏りがでるおそれもあります。何より介護者が大変です。そのため通販での注文なども利用するのがおすすめです。ドラッグストアなどでも売っていますが、通販の方がバリエーションが豊富で、安いことが多いという特徴があります。通販でしか展開していない介護食シリーズも多く、味わいや食べやすさに考慮されているものを選ぶこともできます。また通販ならば自宅にいながらにして注文でき、自宅まで届けてもらえるため手間要らずというメリットもあります。介護は長く続くものなので、介護者も適度に手を抜かないとパンクしてしまいます。そのためにも介護食などを上手に利用して、手抜きできるところは手抜きするのがおすすめです。市販の物ならば普段作りにくい食事も用意できるので、食べる方も楽しみが広がります。